忍者ブログ
サン・アンド・スターズ・ザ・ウェッブの情報発信地。
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月の、コミティア→翌週デザフェスという怒涛のスケジュールののち、
体調不良が重なり気付けばブログぜんぜん更新してませんでした。
その間も色々ありました。

●まさかこれの告知すらしてなかったとは

僕トモ最新話、最後まで更新終わりました! 是非!!
●アリスブックスさんで本の通販始まってるよ

こちらから飛べます


コミティア114で出した新刊、
「~目線の先~」が通販開始しています。
同じくコミティアで出したまとめ本その2は、
売り切れてしまっております。

しばらくイベントに出る予定もないため増版するか迷ってるのですが、
あれば買うよ~or買うかはわかんないけど一応増版しといて~という方は
是非拍手ぽちしてください→emoji



●ダウンロード販売も始まってるよ


こちらから飛べます

「目線の先」がダウンロードでも購入できます。
ちなみに本とはちょっとちがう構成になっております。

ダウンロードが売れると私がとっても助かるので
本の通販でもダウンロードでもいいって人は是非!
ダウンロードで!
おねがいします!!!

※紹介していただきました。
サンプル画像がたくさん見れます。




●伊勢ウユリ第8話更新しました。


前回までのお話はここにまとまってるよ。

●デザフェスの思い出を漫画にしたよ。
なおトラゴロウさんも途中までデザフェス漫画を描いて止まっている模様。


聞きたいFMラジオ番組が住んでる地域で聴けなくて、
ラジコでもだめで、アプリとかサイマル放送でも
聴けないか色々調べてもよくわかんなくて、

そもそも何時にやってるのかすらよくわかんなくて、
何度も諦めて思い出しては検索してたら、
結局Lismo WAVEというauのアプリで聴けることがわかった。
時間についてはまたしぬほど検索してやっとわかったんだけど。

こーゆー煩雑さでユーザーをふるいおとしちゃうの
心底もったいないから、子どもでもわかるレベルで
丁寧にハウツーは書いておくべきだなと思った。

自分もぜんぜん説明しないのやめよう、ほんとに……。


↑自分のツイートから引用


という思いがあったので通販のやり方とか
もっと丁寧に書こうと思ってるんだけど

今ブログ書いてたらキーボード打つのがあかんから手いたくなってきた。
キーボード打つのがあかんのほんとこまる



拍手ぽちぽちありがとうございました。
もっと押してくれ。あと100かいはよろすく


///


冒頭でやっと紹介した僕トモ「~今、ここで~」なんですが、
丁寧な感想を拍手でいただいていて、
お返事しながら振り返ったりしようかと思います。

あと、メールで丁寧な感想いただいたりもしました。ありがとうございます。




S.Kさまの素敵な拍手にお返事を。。。

>僕トモ最新話、ようやく読ませていただきました…!~ゆっくりしている時に読みたくて、遅ればせのコメントですみませ~

読んで頂いてありがとうございます~
私も時間とって、体調整えて(?)読みたいタイプなので、わかります!


>素材としての写真の効果が抜群に素敵な回ですね…!怜央君の見上げた空の色や冷たく澄んだ空気がこちらにも伝わってくるようで、映画のワンシーンを見ているようでした。

写真で伝わったら、とってもうれしいです。
この話を思いついたときは、写真を使おう~とか思っていなかったのですが、
いざ描き始めてみると「ここのシーンどうすんねん」となり……

夏にスマホを機種変したのですが。
そしたら気軽にいい画質・色合いで写メ撮れるようになって、
すっかり写メが趣味になってきて、
いっぱい夕焼けの写真を撮っていたので、
あ、まさに「その気持ち」を撮った写真があるじゃないか、使おう。
ということになりました。

ちなみに、僕トモまとめ本その2でも写メを使いまくっています。



私が描いた絵ではないけれど、
私が撮った写真ということで(一部あむるさんのを使わせて頂いてますが)
漫画とマッチしていたら=伝わっていたらとってもうれしいです。
ありがとうございます。



>泉の話は最後にヨシト君がちゃんとストンと落ち着かせてくれた感じがして、ああ僕トモらしい〜!と思いました。

>泉の中には何があるのだろうという謎かけがあって、その答えのひとつは「俺」なのかなと。
>幸せは瞬間に宿るもので、泉の水も短い時間しか掬い取って持っていられない。泉の水は、まるで今にしか存在しない、できない、自分という存在のようで、『今、ここで』空の美しさや空気の冷たさに感動する自分でいられることの幸せと、それが瞬間的なものである寂しさを、すべて象徴しているものとして描かれているのかなと思いました。

あまりに素敵なので全文引用させていただきました。
お返しする言葉がないほど、満ち足りたお言葉で、とってもうれしいです。


そもそも私という人間が、
生きていくなか考えたり感じたりしていることがあって。
僕トモを描くときに、怜央とヨシトくんにはフリートークでしゃべってもらって、
「こうしゃべらせよう」とか「こんな話題にしよう」とか
一切なくて、流れに任せているのですが、

話が盛り上がってくると徐々にそういう
「私の感じていたこと・考えていたこと」がぽろぽろ出てくる。

それをあくまで怜央が怜央なりにしゃべって、
第三者であるヨシトくんが彼なりの解釈で疑問をかけてくるので、
どんどん、おおもとの「私が感じていた・考えていたこと」が
なんだったのか、曖昧になったり、別物になったりしてくのです。

そんな中で、明らかになることもあれば、
おや、私が考えていたことにはこんな疑問があるな、とか、
私のこの感情はなんだったんだろう、とか、
考えが進んだり、行きつ戻りつしていって。
だから二人の会話になるんですが。

今回の話は、特にその「行きつ戻りつ」が大きく、
怜央本人はいつものよーにまとめる気もないまま帰っちゃったんですが、
S.Kさまの拍手コメントで、とても美しくまとめていただいて、嬉しいです。

そう、そうだったんだよな、って
私も最初の「感じたこと」を再認識しました。

>素敵な作品を読ませていただいて、ありがとうございました。

こちらこそお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。

拍手

PR
コミティア114終わりました。
来て頂いた方ありがとうございました。

いつも来て下さる方とかが今回ごっそり来られないことが確定してたので、
そんな売れないでしょ~~ってあんまり持って行かなかったら、
けっこう売れて、うれしいのですが申し訳ない場面も……
次があれば必ず余裕をもって持って行きます。

来られなかった方&買えなかった方はぜひ通販をご利用くだはれ。
開始したらまたお知らせしますね。

あんまし在庫ないです……(小声)
新刊に関してはもし売り切れたら、また刷ります。


イベント 次は未定です。
1月のコミティアは今のところ予定はなく。
気が変わったらまた告知しますね。



はくしゅおへんじ

>休み取っておけばよかったあああああ>< マグカップは…次があったらほすぃ…~

ありがとうございますううううう><
次があったら必ずマグカップ作ってとっておきますね!!!
あ、マグカップの通販という手もありますね。
検討してみます!!

拍手

11月15日㈰に開催される創作作品オンリー即売会コミティア114に出展します。
スペースはP20aです。

お品書き

新刊 2.5冊

・書下ろし本
 『僕とトモダチの果てしない話~目線の先~』

・WEBまとめ本その2

・100円の僕トモまとめ本

・マグカップ

その他、既刊も数冊ずつ持っていきます。

※午前中のみスケッチブック受け付けます。お買い上げいただいた方のみ、うちのキャラのみです。

※昼過ぎくらいから買い物に出るため離席する予定です。離席・着席はTwitterでつぶやきます。ご用の方はおはやめに or Twitterで様子見たり、連絡くださると吉。

///

新刊『僕とトモダチの果てしない話~目線の先~』

原点に還って?
いつも通りの、「カフェで、おしゃべり。」
でもいつもとちょっと違う仕掛けがあります。
中綴じB6の小さな本。


まとめ本その2出します。

188ページ。書下ろしイラスト多数。
~バスに乗って~から最新話~今、ここで~の完結まで。
~今、ここで~の後編初披露も兼ねております。
読み応えたっぷりなので是非ベッドで寝ころびながら読んでください。


マグカップ。

売れなかったら自分で使います。なかなかいいよ。
ただいまむかって左側のものに予約いただいております。
右側の予約したい方は拍手、Twitterなどでご連絡くださいませ。

チラシです。
是非もって帰って、周りの人に配ってください!!!

急きょ、もう一冊作りました。
内容は、WEB再録のみ書下ろしナシ。
初見さんに手にとって頂くことが目的の本なので、
一部の過激な僕トモマニアさん以外は買う必要はないですが、
うちの十年以上前のプリンターの性能を知りたい方はぜひ(?)

100円ぽっきりのコピー本です。


拍手


つづき描いたのだった。よんでね。かくさんしてね。


で、

拍手のお返事をしていくのだった。


昨日のブログへのはくしゅありがとうございました。
最後まで読んでくれた人がいたとは……。

>読んだ~こんなこと考えてるんだなー~

こんなことを考えております。


長く感想書いて下さったK様、ありがとうございました。
とってもうれしかったです。
mailでお返事しようかなーとも思ったんですけど、ブログで!
これを読んでまた感想ある方もいるかなぁと思いまして。


>~僕トモ、いつも感想をゆっくり考えてからお話ししたいと思う気持ちと、これは読んだ直後の感想をリアルタイムで伝えなければ…!と思う気持ち~
>いつも後者を選んでおります…。なぜか、僕トモはそうした方がいい気がするのです。多分「会話」っていうライブ感がとても素敵 な作品だからかもしれません。
>僕トモは、いつも怜央君とヨシト君と一緒に、自分もお喋りに加えてもらっているような気持で読んでいます。その時のテーマを一緒に考えてる、っていう意味 なのですが…。

(∩´∀`)∩←よろこびと照れくささの表現

そうですね! 怜央とヨシトくんと一緒になってしゃべった気持ちになって、思ったり感じたライブな気持ちを伝えていただけたら、とってもいいな~って思います。ご配慮有難いです。


>今回は、泉の喩えがとても分かりやすくて悲しいくらいにその通りで、少し寂しい気持ちになりながら読ませていただきました。私はよくこうい うことを一人で寂しい気持ちになりながら考えているので、そういう意味では「うんうん、そうだよね」っていう、共感を覚えながら読ませていただいたという 感じなのですが…。


泉のたとえ、わかっていただけてうれしかったです。
僕トモ書いてるときって、怜央のセリフを書いてるときは、怜央になって書いてるので、ちゃんとわかって(?)るんですが、書き終ると、あれ、怜央なに言ってるの?みたいになることがよくあり……
でも、わかっていただけた人がいるんだなぁと思って、怜央くん的にもうれしかったです。
Kさんも考えたりするんですね。お話聞いてみたいなぁ。


>「人は何かを成したから自信がつく仕組みじゃない」っていう言葉と怜央君の遠視的な表情がとても素敵だと思いました。人と自信って個人的にとっても話してみたいテーマです。怜央君はヨシト君と話せて羨ましいなぁ。

一応、第二話のあたりで、自信について語っております。今回は、その延長戦的意味合いもあります(^O^)
よかったらあわせてぜひ!
ほんとに、怜央にはヨシトくんがいてうらやましいです( `ー´)ノ


>リュウセイさんの手が痛くないか心配なのですが、ご無理なさらないように……

前よりは良くなりましたが、相変わらずの日々です(´ー`)フフ……


>怜央君にはしばらく花束の作成に勤しんでいただいて……(笑)のんびりと続きを楽しみにお待ちしてます~

お花そろそろたくさん摘んだかなぁ(笑)
ありがとうございました。

拍手

たまには普通のブログとか。
告知はだいたいTwitterでやってて、そっちを見てくれれば。
あと新作漫画はpixivにものっけてるし。



最近、「種の起源」にハマっていた。ダーウィンのあれだ。といっても解説本とか精読本をいろいろ読んだり、ネットで調べたりしていた。原典を原典のまま読めたらいいんだけど、そーもいかない。知らないことがたくさんあって面白かった。進化論についても、知ってるようで知らないことばかりだったし、長年の疑問が解けたりした。学校で学んでいるときも、生物学は好きだったけど、もっともっと深く興味を持てていたら面白かったのになぁと思った。というベタな雑感。

面白かったこと。
ダーウィンが行った徹底した観察と、その結果に基づく科学的考察というのは、考える力を養う上で非常に重要だと感じたこと。

インターネットでは、日々、あらゆる情報が飛び交っているが、それはいつも偏っている。努めて平等にしようとしても、Twitterで誰をフォローするか、ニュースサイトでどんなニュースが気になってクリックするかは己の意志によって決定されるので、結局偏っていく。
それは、実生活でも同じことが言えて、テレビでも新聞でもラジオでも日常でも、いろいろな情報が飛び交っているのに、実際耳に入ってきて考える素となるのは、大抵自分が(意識的にせよ、無意識にせよ)求めている情報でしかない。インターネットはそれが顕著になるメディアだ。

ある発信源から発せられる情報が偏っていると感じるのは、自分の意志があるからだ。
どこかの発信する情報の偏りに憤るならば、自分の求めたい情報がそこにないからだ。
情報を他者に伝えようとすれば、編集して伝えることになる。誰が、どのような目的で、誰のために、どこを切り取るか。あらゆる地点で編集者の意図が介在する。完全なる生の情報は存在しない。体験すら、自分の意識が邪魔になる。
その前提に意識的かどうかが重要だ。

己が社会だと信じて疑わないものは常に、自分向けにカスタマイズされた社会だ。望むものであろうとそうでなかろうと、その事実は変わらない。自分の知るものが、常に、そのすべてではないと思っていたい。

ダーウィンの時代信じられていた通説は、現代から見ると誤っている。それでも、当時はそれが真実と多くの人に受け入れられていた。ダーウィンが殊に優れていたのは、その枷から自由になり、思考をめぐらすことができた点だ。その際の根拠となったのが、徹底した観察であり、現実に目を向け続けた姿勢であると感じた。

実に多くの問題が、認識の誤りから生まれている。

先日、ふと、「アリとキリギリス」というイソップ寓話に疑問を持った。アリが働き者の象徴なのはわかるが、キリギリスは? キリギリスはそもそも冬を越せない昆虫なのだから、冬支度せずに夏を謳歌するのは通常営業で、怠け者扱いはおかしいのではないかと思った。
そこで、キリギリスの生態のどういった点が怠け者と例えられることになったのかを考えようかと思ったのだが、また、ふと、疑問を持った。そもそも、原題は「アリとキリギリス」ではなかったのではないかと思ったのだ。
来日する多くの欧米人が、夏、セミの声を聴いて「なんの音なのか」と疑問を抱くと聞いたことがある。セミは日本ではメジャーな昆虫だが、欧米ではそうではない。キリギリスも同じような案件ではないか。キリギリスが、全世界的に分布しているメジャーな昆虫には思えない。

検索してみた。
Wikipediaによれば原題は、そのものズバリ「アリとセミ」であり、そのセミとは、センチコガネという虫だそうだ。一体、セミなのか、コガネムシなのか、新たな疑問が生まれてしまったが、今回は「キリギリスではなかった」ことだけが判っただけで十分である。
あやうく、「キリギリスが享楽主義者たる30の理由」とかいうホッテントリ的テーマで考え出さずに済んで良かった。

私自身は、日頃 考え事に効率を求めないし、実用も求めない。考え事は楽しい、面白い、興味深いものならばなんでもいい。

しかし、問題の解決や、苦痛の軽減、アイデアの発掘など、実用のために考えるならば、そもそも問題の認識を誤ると、トンデモ理論の発明をしなくてはいけなくなるな、としみじみ感じた出来事だった。

思考とは、現実の観察から始めなくてはいけない。ダーウィンのように。
なるべく恣意的なフィルターを取り除き、情報を精査し、観察者としての徹底した姿勢が重要だ。
そこから、考え始める。
すると、そもそも「そこに問題などなかった」ことすらある。怠け者がキリギリスではなかったように。
間違った観察と、誤った認識によって、問題ではないことが問題になっていることが往々にしてある。そのこと自体も、徹底した観察で気付くことができるはずだ。


万有引力を知らない人が、林檎が地面に落ちるのを、「林檎は自分の意志で地面に落ちたかったからだ」と解釈したり、「天使が林檎をはさみで切り落としたからだ」と解釈したりしてしまう。
それはそれで、面白い。子どもなど、実に自由な発想で、世界を説明してくれる。いっそそのまま自由であってくれないかなと思うほどに。

しかし、現実に対処したいのであれば、常に疑っていたい。情報を、認識を。
知性とは疑問を持つことである、という話は誰が言っていたのだろう。
最近よくその言葉を思い出す。

拍手

僕トモDL販売なう
僕とトモダチの果てしない話~百の点在~
コミティア112で販売した『僕トモ』100P漫画です。たっぷりだ!!
ロイひみ漫画販売中
ブログ内検索
サンスタグッズ売ってます
ここから、通販でリュウセイデザインのTシャツやエコバッグなどが買えます。
DESIGN GARDEN
サン・アンド・スターズ・ザ・デザイン
サン・アンド・スターズ・ザ・デザイン
Tシャツ・iPhoneケースの通販
デザインガーデン
サンスタTシャツ
DESIGN GARDEN
カラフル無数あおりんごあおむし。
3,150円
カラフル無数あおりんごあおむし。
Tシャツ・iPhoneケースの通販
デザインガーデン
DESIGN GARDEN
胸ポケットにあおりんごあおむし。
3,150円
胸ポケットにあおりんごあおむし。
Tシャツ・iPhoneケースの通販
デザインガーデン
pixiv
 
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: サン・アンド・スターズ・ザ・ウェッブログ All Rights Reserved