忍者ブログ
サン・アンド・スターズ・ザ・ウェッブの情報発信地。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
 








僕トモを更新しました。

よろしく!

ブログなんかやってたんだね、くらいの感じになっていた。

描いた漫画の話をします。(ので、読んでない人は読むな



まだ半袖と長袖が入り混じり、ツバメが巣作りをしている間に描き終わらなくてはいけなかったので、描き終えて更新出来てよかった。


実体験をもとに描きました。
この間、こういう場面を見たんだよ。
知ってる人がいつまでも交差点を渡らなかったのを。
それで、ふと考えた話です。
それ以外は全部創作です。

ヨシトくんは
コミティアで描いた漫画に出てた女子と付き合い始めた。ユリコちゃん。
フリーでいるとスケコマシ度が上がってしまい
ろくなことがないので良かった(かもしれない。
また怜央の妨害に遭うと思う。

人にはビートがあるとして、
生き急いでるときはハッ、ハッと息切れして鼓動が上がる
一日中薄暗い部屋で寝ていたいときは冬眠状態
平時のリズムも平均体温みたいに人それぞれあって、
なんかそれが合う……みたいなことがあると思う
怜央とヨシトくんは合うわけではないかもしれない、
怜央にヨシト氏が合わせてる気もするし、
自分のビートなんか自分が思うようなものじゃないのかもしれない

ふとした話を描きたかったので描けて良かったです
あと意図的にクオリティを落としました
同人誌描くと売り物だからってすごいちゃんと描かなきゃってなるけど
ウェブ版はいいよね・・みたいな
いいよね・・?

感想ください。待ってます。

拍手

PR
コミティア127出てきました。
遊びに来てくれた方、有難うございました~!



早速通販始まったので、告知です。

現物の本が欲しい方

http://alice-books.com/item/show/4213-17

ダウンロードでいいよって方

https://www.pixiv.net/fanbox/creator/51238
月額300円でこれまでの僕トモ同人誌全部読めてめっちゃお得だし、綺麗な画質で読めるので個人的にめっちゃおすすめです。月額って言うけどひと月で解約しても大丈夫です。ダウンロードできるので。



コミティア127で頒布した本のうち、『HAPPYしかない』を完売&再販予定なしにつき、無料公開いたしました。

https://t.co/vNxTcYuBLl

是非読んでください。感想くれ!

拍手

コミティア127に出ます。
スペースは『の17a』です。

新刊紹介です。

///

ハロー、ストレンジャー



◆ハロー、ストレンジャー

起き抜けの呆けた脳みそを何度も襲う記憶。
過剰再生で擦り切れたテープは
ノイジーなのにちっとも薄れていかない。
ぶつけられた悪意や
心を削り取った爆弾が
僕の手によって僕に投げられる。何度も。

土曜の昼下がり、
いつもの喫茶店でふいについた溜息を咎められて、
僕はこの現象について話さざるを得なくなった。

///

エンドレスで嫌な記憶を思い出す現象について、
病気明けの元気な怜央がしゃべり倒す。
いつものやつです。









◆現在地確認

地図を開くとまず、自分の位置を探す。
自意識と付けられた名前を頼りに。

地図を開いて、あの子の位置を探す。
今の僕とのその距離、3.8メートル。
名前を付けて、ルートを確認した。

でも待てよ、この距離を
詰めるのが上策なのか、どうか?

そんな事を考えていたら
いつかのトモダチの言葉を思い出した。
僕も彼も髪が短かった頃のことだ。

///

あの人をなんと呼ぼう?
いつ、どんなタイミングで?
ふと意識したヨシトくんが思い出す出来事。
ヨシトくんの恋愛事情がちらちら出てきます。
スケコマシです。









///

コピー版 A5 40P \400
オンデマンド版 B6 40P \600

↑同内容です

///

新刊二冊目

HAPPYしかない。



よく晴れた如月のある日。
憂鬱な人をより憂鬱にする日向ぼっこに、
スキップをして待ち合わせ場所に向かったら、僕は、
HAPPY以外を見つけるのが難しくなっていた。

///

ごきげんな一日のお話。
どこを切ってもハッピーしかありません。
全10Pのささやかな本です。
表紙がかわいい。本文二色カラー。
デフォルメ絵で描いてるので優しい気持ちで読め。


コピー本 A5 10P \100

///


以上、とにかく本を二冊出すということです。

遊びに来てね。

///

以下、コミティアって何、っていう人向け。



コミティア127は
2019年2月17日(日)11:00~16:00に
東京ビッグサイト
(りんかい線 「国際展示場」ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅近く)

行われるオリジナル創作オンリーの同人誌即売会です。
初めて来る人でも楽しいよ。
詳しくはここからhttp://www.comitia.co.jp/html/about.html

それに出ます。

入場はティアズマガジン(1000円位)を買うだけ。
当日会場で買うか、事前に通販や書店販売でも買えるよ。←詳しくは公式サイトで
当日立ち読みしづらくて買いづらい人のために、
見本誌コーナーっていう立ち読み専用スペースが
あって恥ずかしがり屋さんでも何時間でも立ち読みできてよいよ。

一般参加初めての人はこれを読むとわかりやすい~
http://www.comitia.co.jp/attention/

拍手




2019ねんもよろしくおねがいします。



2016年の5月ティアで出した[Drfters]をこのたび無料公開しました。

こちらから


この本はまとめ本1,2、2015年まとめ本にも拾われておらず、
その後しばらくイベントに出ていなかったので再販もせず、
通販もほとんど出さなかったため読んだ人が極端に少ない本でした。

怜央とヨシト氏の出会いの話で、
個人的に思い入れのある話であること。
怜央らしい話が聞ける内容で、
絵が古くて恥ずかしいのですが、
多くの人に読んでいただけたらと思い、
無料公開に至りました。

先行してpixivに載せてあるので、そっちをもう読んでくれた人が多いかも。

久しぶりにこわごわ読み直して思ったのですが、
やっぱり旬ってあるなぁ、と。
描きたいものは描きたいときに描くのがいいと思った。
物理的に無理なときはしょうがないけど、
鉄は熱いうちに打て で、
同じものでも、そのとき描くべき作品があるなと思った。
今コレを同じ温度で描けるかというと、描けないと思ったので・・・

年末に少し物を整理してて、すごい量の靴下が出てきたんですよ。
そりゃ、冬用、寒いとき用、お出かけ用、普段使い用、とか用途は無限にある。
でも、足はひとつ。
はける靴下はそのときひとつだけ。

作品も手塚治虫じゃないんだから、その時ひとつずつしか向き合えないので、
その時その時のベストの作品を作りたいと思いました。

あ、2月ティア出ます。
是非来てくだはいまへ。

拍手

コミティア126来て頂いて有難うございました。お一方お一方にここで改めてお礼申し上げます。

当日出したペーパーです





差し入れも頂いてうれしかったです。
が、
怜央がお土産要らん的な話をしてる漫画を売ってたので内心アワワ・・・と思っていました(笑)
でもとってもうれしかったです。朝早起きで何も食べてなかったのでありがたかったです。

初めて来ていただく方も多くて、お会いできてうれしかったです。
どうして世の中こんなにいい人ばっかりなんだろう、と本気で思います。あなたのおかげです。

良かったら(絶対に)感想ください~
通販は今ツイッターでアンケートやってるのですが、手元にある分だけさせてもらうかもしれません。また告知します。通販価格になっちゃうかも、ごめんね。

当日は天気も良くて、寒すぎる2月、暑すぎる8月、服装の選定が難しすぎる5月に比べると11月が一番いいコミティアだなぁと思いました。

今年は結局なんだかんだと8月以外は出てしまった。
5月が一番盛り上がるコミティアだけど、5月は人が多すぎて精神力が死んでしまうので、11月くらいが好きと思った。でも、開始30分くらい誰も来なくて、というか、お客さんが全く流れてこなくて、サークルスペースの机もすごいゆったり並んでてたし、のんびりコミティアだったのかな。

でも、結局人が多いと思って(人多いところニガテ過ぎる)、事前チェックしたところ以外ほぼ見なかった、この病気なんとかしたい。人が多いところ行くと心が無になってしまって何もしない病。でもこれ子供の頃からだから治らないよね。人がいないところだと元気……人自体は好きなのだが……

2月に一応申し込む気になったけど、出られるかは不明。いつもそうだけど。
明日のこともわからないのに2ヶ月後のことは……
出られるかは別として漫画は描きたい。

今回で過去一年以上前に出した本がすべてなくなったので、ウェブサイトで無料公開していきたいなと思っているけど、サイトに置くの大変過ぎるから、pixivとかで公開してリンク貼るだけになるかもしれない。

今回出した本のセルフ解説をやろうかなと思います。


///


◆アプリコットジャム・ウィズ・ハニー

本のタイトルを、お洒落で可愛いのにしたいなと思って考えた。あんまりゴリゴリにスカしたタイトルって好きじゃないけど、ある程度スカしてるほうが僕トモっぽいんだろうと思う。

タイトルを考えたはいいけど、内容と全く関係ないタイトルだったので、このタイトルを冠した漫画を描かねばと思った。しかしページ数に余裕がなかったので、せいぜい2Pくらいかなと。

私も紅茶にハチミツを入れて飲むのが好きなんだけど、たまにちょっと入れすぎただけで、死ぬくらい甘くなる。紅茶の味が死んでしまい、訳のわからない飲み物になる。ジャムも同じだ。怜央は、適量を知ってるのかもしれない。

ソムリエがワインの味を事細かに分けて感じて評するのとか、面白いなぁと思う。楽しいだろうなぁとも思う。人生も似たようなところで、何も感じず考えなければあっという間に過ぎるし、堪能しようとすれば生きるのは短すぎる。

日頃忙しすぎる生活を送ってるヨシトくんは週に一度怜央の話を聞くのは楽しみにしてると思う。


◆HIS TRIP STORY ヨシトくんのおみやげ話

職場で、どっか行くと皆お土産を買って来るんだけど、正直要らない(めちゃくちゃひどい)……し、自分も選ぶ基準がわからなくて、一応買うけど、これ、要るか???みたいなものを買ってしまう。本当に貰って嬉しいようなものを買うとしたら、すごい高いものになってしまうし、そしたら相手も気を遣って逆に要らない気がする。なんなんだ、このシステム、と思う。強制感があるのがまた良くないのだろう。

親しい人に、本当にこれが好きだろうなと思って買うのは、別に苦じゃないのだが、じゃあ自分もほしいかと言うと、別に、まぁ、いいかなぁと言う気がする。気持ちはうれしいが、それよりは、楽しい土産話でも聞きたい。

↑この話を書いて私の好感度が下がったと思うが、どうせブログを読んでる人は少ないので好きに書くぞ。

というようなことを漫画にした。
あと、本当になんでもない雑談を描きたかった。
テーマトークのほうがわかりやすい面白さがあるけど、私は雑談が好き。


◆Half the world  世界をはんぶんこ

頂いたお題で描かせていただいた漫画です。
怜央は手をつなぐことについてどう考えてるのか聞きたいです、ということだったので、こんな感じになりました。

コイビトであれ、幼子であれ、トモダチであれ、人と手をつないで歩くのはストレス溜まる。自由がなくなるし、手はつかれる。
それでもつないでおく理由があるから、手をつないでいるんだと思った。

怜央の高さってちょうど女子くらいだから、ふとしたときに気を抜いて手つないだりしそう、って言うのを漫画にしました。


◆a surprise party  祝いは密やかに

みんなから真ん中バースデー初めて知った、と言われました。

逆にヨシトくんの誕生日は怜央からの一日中様々なサプライズで驚かされそう。

///

10月、11月は仕事が本当に忙しくて、体力的にも精神的にもきつかったんですが、12月は一旦落ち着くので、漫画描いて面白おかしく過ごしたいです。

私は一年で12月が一番好きで、クリスマスも好きだし(ケーキ食べるだけだけど)年末も好きだし紅白歌合戦も好きだし年末のくだらないテレビの特番とかも好き。せわしなさも年末セールも寒さも好き。

とりあえずケーキを予約しました。去年5号のホールケーキをほぼ一人で食べたら流石に無理やってなったけど、二日後くらいにはまた食べたくなった。

拍手くれ

拍手

 
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: サン・アンド・スターズ・ザ・ウェッブログ All Rights Reserved